2008年10月09日

ロデブとノンエッグかぼちゃマフィン

気がつけば、ブログの更新が一週間以上も空いてしまいました。

何とかは風邪ひかないって言いますが、普段は元気もりもりの私も久しぶりの大風邪にやられました(> <)

いけないことに、家にいる時間が長いとつい、、
パンはいつも以上のペースで焼いてしまうんですよね。
パンの本を読んではイメージをメモして、仕込んで発酵中に寝る。
みたいな。これじゃ治るものも治らないですね(笑

でも、ブログにするほどの元気はなかったのです。
なんていうか、情報をアウトプットするエネルギー不足な状態で。

時間がかかるからなかなかトライできなかった、
こんなパン作りました。

IMG_3811_1.jpg

少しのイーストより「ロデブ」
フランスの地名がそのままパンの名前になっているようです。
確か、ビゴの店で見かけたことがあるような…。
このぼてっとしたフォルムに言い得て妙なネーミングだな〜なんて勝手に納得してしまいました。

作業開始〜焼き上がりまで、約7時間。
ヒマだな私って・・・(汗
忘れたころにタイマーにピピピっと呼び出されるけど、工程自体はさほどややこしくないので、今日は家にいる日!てな時にはいいんじゃないでしょうか〜。

IMG_3820_1.jpg

吸水は脅威の80%
とっても水分が多く、数回のパンチでグルテンをつないでいきます。
打ち粉たっぷりで布取りして、どーんと丸ごと焼成!
そもそもロデブって、分割や成形のないパンのことのようです。

IMG_3816_1.jpg

外はパリっと、中は瑞々しくしっとりな生地がおうちで焼けるなんで、たまりません。
あぁ、この気泡、バケットにもほしぃ。


お次は、秋らしいおやつな一品。
ノンエッグの「かぼちゃマフィン」

IMG_3784_1.jpg

これは、この本のレシピを参考にしています。

ノンエッグでマフィンはどうやって作るんだろう??

と疑問に思いながら手に取ったら、答えは「おとうふ」でした。
後味に少し’っぽさ’が残りますが、まさにもっちりもっちりなマフィン。
ノンエッグパンにも、材としておとうふを取り入れることがありますが、マフィンにも使えるとは。
発酵中に作れちゃうお手軽さ^ ^

で、やっと外に出だしたらもうすっかり秋深し。
ああ、うかうかしていると、パン焼きに適した季節を逃しそうです^^


ブログ村ランキングへ参加しています。
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
遊びに来てくださりありがとうございます
バナーをクリックしていただけると嬉しいです♪

この記事へのコメント
連続コメント失礼いたしますっ。

私もこのロデブ、好きです♪
家でこんなにしっとりしたクラムもたっぷり入ったパンが焼けたことに感激しました。
何度もパンチを入れないといけないので、冷蔵発酵のカンパーニュより手間はかかりますけど、美味しいですよね〜。
Posted by takapyona at 2008年10月10日 16:57
>takapyonaさん
歓迎連コメ^^
トータルの時間はかかりますが、パンチを入れるだけと思うとややこしい成形もないですしGooだったりして〜。
この透け透け感たまりません♪
Posted by ちい at 2008年10月12日 08:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107834962
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

クリックいただけると励みになります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。