2008年01月18日

おとうふパン

「おとうふ」をたっぷり使った体にやさしいパン。
豆乳やきな粉を使うはたまに見かけますが、おとうふそのままはめずらしいですね。

使い方としては、木綿をちぎってそのまま生地に練り込んでいきます。
お粉の重量に対して50%ほど。

・・・おとうふは製品によって水分量が違うため仕込水の量は調節してください。
なんてレシピの隅に小さくさらっと書いてありましたが、これが最大の難関なのでは!?

べたつきつつも水分不足を思わせる不思議な捏ね具合でしたが、急に超弾力ある生地にまとまり、無事仕上がりました。

IMG_2273.JPG

久しぶりにミニパウンドで山食っぽく。
上にきな粉をたっぷり振って、香ばしい。
同じ大豆から出来ているから、当然相性ばよいです。

IMG_2277.JPG

言われなければおとうふ入りとはわからない断面・・・。

IMG_2283.JPG

確かにほんのりおとうふ味。

豆乳を使ったときとは、違った大豆のやさしい甘みが後をひきます。

食感は、一にしっとり、二にしっとりしっとり。

後もっちり。


こんなのを試せるがおうちパン。

毎回、どんな風に仕上がるか、どきどきわくわくします。

これから、和の食材を取り入れたパンを積極的に作りたいな。


*今回参考したレシピはこちら*







posted by ちい at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | イースト 食パン系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 はじめましてー(^-^*)

や、やっぱりいろいろ試してみないとネー!!
昼にセットした初めての味噌パンがどうなるか楽しみです・・。
私はベースは米粉ですが、毎回寒天粉も入れていますよ。
_(^。^)_ ♪
Posted by たかいで at 2008年01月30日 15:15
はじめまして〜。
ご訪問ありがとうございます。
どうもチャレンジ精神だけは旺盛でして、あれこれと手を出しています(^^;)

味噌パンですか!
ちょっと’おやき’に似た味になるのでしょうか?
米粉に寒天粉と、体にやさしいパンになりそうですね。
Posted by ちい at 2008年01月30日 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

クリックいただけると励みになります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。