2008年10月21日

ホワイトフランスとコロッケサンド

パン教室にご参加いただいた方が
「白神の白いパンを子どもに食べさせたくて、たまに買いに行くんです〜」
なんてお話を聞いたもので

そういえば、前に焼いて写真をパチッとしていたのを思い出してアップップ。

salaのレシピで、白いパンていうとたぶんこれじゃないかと…
IMG_3465_1.jpg
「ホワイトフランス」

いわゆる糖類を多めに配合してふかふかにした甘い白パンとは違って、白神酵母ならではの素材の甘みを感じられるパン。

こんなパンをお子さんに食べさせてあげるママさん素敵です☆

うちの子は、、
親の思いとはウラハラに、近ごろ焼きたて以外は何か手を加えないと食べてくれなくなってきました(T T)
(なぜか焼きたてはバゲットすらそのまま丸かじり)

という訳で、前日の残りコロッケでサンドにしたり←これはオットにも好評
IMG_3466_1.jpg

コロッケサンドのキャベツですが、細〜い千切りより少しざくざくしたくらいの太さの方が私は好きなんです。
新橋の串揚げ屋を思い出すような…(笑
ただ単に、性格がオオザッパなだけだったりして!?



ブログ村ランキングへ参加しています。
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
遊びに来てくださりありがとうございます
バナーをクリックしていただけると嬉しいです♪




posted by ちい at 14:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 白神こだま酵母 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

白神酵母でソフトフランス

たまには、基本に帰るべし。
と、大塚せつ子さんの本では、まず最初に載っているソフトフランスを。

IMG_2900_1.jpg

お子さんに卵と牛乳アレルギーがあって、ママも食生活にはかなり気を使ってマクロビライクな生活をしているお友達がいます。
そんなお宅へ遊びに行くのに、ちょっとした手土産にしようとこちらを選びました。

シンプルな配合な分、国麦と白神の美味しさを改めて認識させてくれるパンとなりました。
その分、腕がバレルのですが・・・(爆)

IMG_2901_1.jpg

極寒の地、白神山地で生き抜いてきたため他の酵母に比べ多くの糖質トレハロース有しているそうです。
少ない糖分で自然な甘さのパンになり、油脂がなくてもふっくら美味しく仕上がります。このご時勢にありがたや〜。

この酵母は、野生酵母ながら種起しのいらないタイプなので取り入れやすくて重宝しています。
独特の香りに苦手意識を持つ方もいらっしゃるようですが、私はむしろそのフレーバーに華やかさを感じます。
どうやら分類学上は、ワイン酵母と同じ種類の酵母だとか。だから好みなのかな・・・(^^

IMG_2902_1.jpg

低温にも強く、冷蔵発酵可・冷凍耐性もあるのは、育児と家事の合間にパン作りをしている者にとっては、心強〜い味方。
白神酵母の扱いはまだまだですが、これからも取り入れていきたいと思っています。



ブログ村ランキングへ参加しています。
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
前回の記事から多くのクリックをいただき
とっても感謝しています<(_ _)>
これからも応援していただけるようなパン作りを目指します!

posted by ちい at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 白神こだま酵母 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

ハーフ&ハーフのパンドミ

とりあえずご覧くださいませ。

IMG_2857_1.jpg
とってもフツーのパンドミ。

横から見ると
IMG_2858_1.jpg
ちょっと真ん中に変な線?

カットしてみましょう〜
IMG_2867_1.jpg
?!おっと、アップ過ぎました。

じゃじゃーん。
IMG_2865_1.jpg

という訳で、半分むらさき芋のハーフ&ハーフ(白神酵母Ver.)なのでした。
IMG_2870_1.jpg


おしまい。
m-styl45.gif




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

写真ばかりになってしまいましたが
本日の内容をお楽しみいただけたら
クリックいただけるとうれしいです♪


posted by ちい at 21:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 白神こだま酵母 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

にんじんのツイストブレッド(白神)

久しぶりに国産小麦が手元に届きました。

そうなると、やはり相性のよい天然酵母を使いたくなってきます。

しかし、以前カスピ海ヨーグルトですら挫折したワタクシには、ちょい高いハードル・・・(^^;)

そんな訳で、冷凍庫で眠っていた白神こだま酵母の封を空けてみました。

ドライタイプなので、手軽に天然酵母が楽しめて便利な一品。

私はこれを使い冷蔵発酵した味が結構好きです。

IMG_2837_1.jpg

油脂を入れなくとも美味しく焼けるのは、このご時世ありがたいところ!

成形は、2本の棒状をねじねじのツイストにしました。

半分は色鮮やかな’にんじん’入り。

IMG_2845_1.jpg

ツイストは、カット面の2色があんまり華がないかも・・・・

スライスする度に違った色の表情がみえるのもまた一興です。


i23.gif



ところで、食パン一斤の由来をご存知ですか?

尺貫法の斤から派生した「英斤」(120匁=450グラム)に由来しているようです。。。?


↓わかりやすく。

明治初期頃、(舶来品の)食パンの重さが約1ポンド(450g)でした。
ポンドを漢字にすると「口斤」になり、当時の日本で使われていた重量の単位である「斤」と混同されたことが始まりのようです。

現在、食パンの重量の定義は「包装食パンの表示に関する公正競争規約」により1斤=340g以上と定められています。

『パンの事典』成美堂出版より


そういえば、最近めっきり見かけないバターは450gを単位として売られていることが多いですよね。

これも同じく舶来品。1ポンドからきているようですね〜。




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

本日のおうちパンを気に入っていただけたら
クリックいただけると幸いです。


posted by ちい at 23:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 白神こだま酵母 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

白神こだま酵母で山形食パン

IMG_1767.JPG

白神こだま酵母ドライ
でシンプルな山形食パンを焼いてみました。

この酵母は、本来油脂を使わない配合がメインのようだけど、今回は油脂入りです。
スキムミルクも入ってるので、子どもに食べさせるのに栄養面でも◎です。

こちらは天然酵母ながらドライイーストの様に使えて便利な一品。
国麦との相性がいいとうたっているだけあって、生地を噛み締めるほどに小麦の味わいが増す仕上がり。
天然酵母の独特の風味が苦手な方でもいけるのでは?
でも、やっぱりドライイーストよりは発酵時間がやや長めなので、ちょっと時間かかるなという印象でした。
これは、時間に余裕のあるとき用になりそう。

あ、でもこの酵母のすごいところは冷蔵発酵もできます!
また生地の味わいが少し違った風味になって、それもまたよいです。
前の日にこねておいて、冷蔵庫で一晩ねかせて美味しく熟成を待って翌朝焼きたてを食べるのも最高☆

それにしても大塚せつ子さんの本
にある「粉と酵母の相談タイム」って命名が気になる・・・


posted by ちい at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 白神こだま酵母 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

クリックいただけると励みになります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。