2008年08月10日

ミルクフラワーブレッド

夏の旅行から戻ってきました♪

パン焼きもしばしの休息。
という訳で、以前ちょっと手土産で作ったパンを忘れないうちにアップしておきます。

IMG_3295_1.jpg


リング型を使ったパンは、あまり手を加えずとも手軽に華やかさが加わるので横着な私にぴったり^^
贈り物の時に重宝してます☆

IMG_3297_1.jpg

仕込水に牛乳を使い、さらにスキムミルクを配合。
ミルクの風味がやさしく香るふんわり系の生地です。

こちら成形ヒントは、みかさんの’ばらのパン’からいただいてます。

翌日の昼間ショット。
IMG_3300_1.jpg
粉糖は溶けても、やっぱり色鮮やか☆

今回は、花びらを一枚一枚の間にたっぷり練乳を塗り塗りしてます。
でも焼くと甘すぎないんですよね。
濃厚なミルク風味の花の出来上がり!

はみ出た練乳が焼成でカリッとして、生地とのコントラストが美味しいです。
子供も好きなちょっぴり甘めのおやつパンに^^
一枚ずつはがしながら食べるのも楽しいですょ。

w75.gif

親子3人で6日間のバケーション。
夏をどっさり満喫してきました。
そして、息子はすっかりパパっ子の甘えん坊に。
明日からが恐いな〜〜


ブログ村ランキングへ参加しています。
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
遊びに来てくださりありがとうございます
バナーをクリックしていただけると嬉しいです♪


posted by ちい at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イースト 菓子パン系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

アールグレイブレッド

つい先日、暑さに負けて’パン焼きたくない宣言!?’をしてしまったばかりなのですが、、
ちょっとした手土産に作ってみました。

IMG_3329_1.jpg

’捧ぐ紅茶好きへ’だったので『ほんのりしあわせおうちパン』のアールグレイブレッドを参考に。
でも、イーストは半量にしてオーバーナイト発酵にしています。
みかさんのリッチ生地やリーン生地に慣れていると、水分が多めでこねにくい生地かも。。
私にしては珍しく、かなりたたいて仕上げました。

バターたっぷりリッチ生地の2.5倍!
さらに砂糖増量に卵黄2コプラスと、ブリオッシュを思わせるリッチリッチな配合。
本の中でも、冷やしてお菓子のようにいただく事を想定されているようです。
発酵菓子という位置づけでしょうかね。

IMG_3332_1.jpg

強力粉100%でもっちりふんわりさせたかったので、ミキシングはしっかりこねてから、あえてバターを室温に戻さずに使いました。
冷蔵庫から出したてを麺棒でかるく腰を折った状態で。
どうも、その方がバターがさっぱりというか、油っぽくなく仕上がる気がしてます。

ツイストとか華がある成形にしようかとも思ったのですが、生地の水分量が思いのほか多い状態、、、久しぶりにリング型を使ってみました。

IMG_3334_1.jpg

今回は、紅茶と相性の良いプルーンを入れてます。
ていうか存在感ありすぎ(^^;
授乳中のママさんに差し入れだったもんで鉄分補給対策。
じゃあ、油脂たっぷりな配合は母乳にどうなんだ!?ていう話ですが、ケーキよりはましなハズ!
たまにはママもホッと一息だって必要ですよねぇ。うんうん。



ブログ村ランキングへ参加しています。
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
こんなおうちパンあったらいいな〜と思っていただけたら
バナーをクリックお願いします<(_ _)>
更新の励みになります♪


posted by ちい at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | イースト 菓子パン系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

トロピカルブレッド

生地にバナナをたっぷり配合した、ほんのり甘めのパンを焼きました。
みなさんは、房で買ったバナナが残り数本で黒〜くなってき時にどうしますか?

IMG_3211_1.jpg


私は、普段はスライスして冷凍庫ストックにしています。
これは主に朝の野菜フルーツピューレに変身。
最近とみに野菜が苦手な息子用に、バーミックスでバナナやりんごとあれこれ野菜を混ぜて自家製青汁や赤汁やらにすると、まんまと食べてくれるので、わが家は朝からもっぱらガガガーっという機械音がキッチンに響いてます。
これはこれで息子は工事現場みたいで楽しいらしい。
(離乳食期に戻ったみだいでハハはちょっと面倒・・・)

で、残ったバナナの話に戻りますが、
たまには思い出したように、シフォンケーキに入れてみたりホットケーキミックスと使ってみたり、時にはこんな風にパンに入れてみたりもします。
今回は、たまにはパンにも常夏気分をとドライマンゴーを混ぜ込み、上にココナッツとグラニュー糖でおやつパンに仕上げました。

IMG_3219_1.jpg

バナナは、粉の半量近く入っています。
こねはべたつきますが、それさえクリアすれば生地はもっちりしっとり。
焼き上がりは、ジューシーなバナナの甘い香りが漂います〜。

暑い時には、南の方の食べ物を口にしたくなるから、不思議なものですね。

w42.gif


今日はまた一段と暑かった!
息子を水遊び場へ連れて行っただけで、ゆでだこ状態に。。
これが少しでも緩和されるのなら’エコするぞ’と心から思いました。
皆さんも夏バテされないようにお気をつけくださいね。


ブログ村ランキングへ参加しています。
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
今日も遊びに来てくださりありがとうございます
そのワンクリックが更新の励みになっています<(_ _)>

posted by ちい at 00:08| Comment(0) | TrackBack(1) | イースト 菓子パン系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

ラズベリーとクリームチーズのカップ

名前のまんまのパン。

IMG_3051.JPG

カップ型の成形に、中にラズベリー&クリームチーズを入れて焼きました。

生地は、みかさんのリッチベースですが、酸味あるフィリングに合うようにカスタマイズ。

牛乳を減らして、ヨーグルトを加えてます。

でも、今回生地がだれ気味で成形しにくいったらない。水分量の調節がもうちょっと必要で課題が残りました。

ちょっと前にスーパーカメリアでOKだった配合なので、国麦のコンチェルトを使ったのせいか、季節のせいかな〜。

そういえばイースト+ヨーグルトは、パネトーネ(酵母+乳酸菌などなので)にちょっと近くなるみたいですね〜。

IMG_3040.JPG

チーズフィリングの配合は、クリームチーズにバターと卵黄、砂糖を少々+ラズベリー。

もう少しバターを増やして小麦粉入れてみようかなぁ、こっちのクリームもこれから改善していきたいリスト入り。

IMG_3042.JPG

うーん、

雨続きのすっきりしないお天気同様、ちょい不調な出来栄え。。

でも、こういう本人は納得いってないパンに限って、周りには好評だったりするのよね(^^;)

くぅ〜。



ブログ村ランキングへ参加しています。
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
本日のおうちパン皆さまの参考程度にでも
なりましたらバナーをクリックお願いします<(_ _)>
更新の励みになります♪

posted by ちい at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | イースト 菓子パン系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

抹茶とホワイトチョコのパンムー

GWに突入。

一般的には、ゴールデンウィークと読むもの。

もとい、わが家ではグリーンウィーク。


・・・ラジオからのパクリです(笑

もっとも、マイナスイオン吸いにみなさんお出かけしましょう〜的な使われ方でしたが(^^;)

食卓に緑のパンで、グリーンを少々満喫。

IMG_2876_1.jpg

ムーってのは、フランス語で’やわらかい’という意味。

生地は、白パンの配合に抹茶パウダーを入れました。

緑だから、白パンじゃないしな〜。。。と思って、写真に収めていたときに、こやつは「パンムー!」とおりてきました。

何ていうか、ぽてっとした姿がムーっぽい。

抹茶には、ホワイトチョコ(あれ、今回はショコラブランと言うべきか)を合わせたいな〜と、粒チョコを入れました。

フランスでも近ごろは抹茶流行りで、認知度はかなり高くなってきていると聞いたのですが、本当なんでしょうかね?

IMG_2879_2.jpg

パンの部分を息子にもあげられるように、抹茶はかなり控えめ。

本当は、もうちょっと入れた方が色がキレイに出たのかな。

これはこれで、春っぽい色合いかしら。

お後がよろしいようで・・・



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

本日のおうちパンをいいかもと思っていただけたら
お手数ですがクリックお願いします。


posted by ちい at 23:21| Comment(4) | TrackBack(0) | イースト 菓子パン系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

アンパンマン修行

2色のぐるぐる食パンが一応の及第点を迎えまして

更なる向上をもとめて新たなるパン修行を始めています。


それは・・・

アンパンマン。


ブログで仲良くしてくださる皆様がフランスパン修行など上級な話題を交わされているなか、ワタクシって(^^;)


これは初代。やや色黒なお方に。
IMG_2696_1.jpg

いやー、しかし、侮れないのデス。

ふっくら生地にしようとすると、膨らみ過ぎて顔が崩れ気味になってしまい、誰?な状態に。

焼き色にムラがあってもかわいくないし。

ほっぺと鼻の丸が揃ってないのもイケテないです。

IMG_2721.JPG

本家大元のこちらを見ると、パーツは小さい方がよさそうですが、ころころほっぺも捨てがたく。。

ああ、まだまだです。

そんなお顔たちですが、アンパンマン好き世代の子ども達は、たいそう喜んでパクついてくれるので、ちょいちょい生地の残りで作っています。

ひとつ面白い発見がありました。

必ず皆ほっぺか鼻の丸から食べるのですよ〜。


mixiなどで情報収集させていただきながら現在までのポイントは次の通り。
・顔はつぶしてやや平ら目にする
・ほっぺと鼻が2次発酵ですべり落ちるのを防ぐため、少しへこませ水をつけるとよい。
・お顔をチョコペンで書くと持ち運びしにくいため、ゆるめのココア生地で書く。
・中に固めの餡(小豆のほかさつまいも餡など)を入れると顔が安定する気がする。

まだ入門したてなので、上級目指して精進いたします。




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

気に入っていただけたら
バナーをクリックいただけると
次回の創作意欲などにつながります!



posted by ちい at 01:13| Comment(12) | TrackBack(0) | イースト 菓子パン系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

さくらロール

春爛漫。

花見やら花見やらピクニックやらでイベント続き。

パン作成>ブログ更新のペースで、やや渋滞気味です・・・。

とりあえず、季節ものを先ずアップしていこうと思います。

さくらロールといっても、私のことなのでお菓子ではなくパンにございます。

試食係が1歳代のお子ら中心だったので、やさしい味を意識しました。

IMG_2747_1.jpg

生地は、みかさんのリッチ生地ベースにヨーグルトをプラスしたふんわり系にて。

フィリングは、ゆる目のさつまいもペースト+しっかり塩抜きの桜花を巻き込んでいます。

IMG_2751_1.jpg

桜を観ながら桜を食す。

この同じ桜を平安時代の人も愛でていたかと思うと、風流ですね〜。

w87.gif




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

気に入っていただけたら
クリックいただけると幸いです。

posted by ちい at 22:41| Comment(2) | TrackBack(0) | イースト 菓子パン系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

桜あんぱん

今日は花散らしの雨。

こんな日のアップは、散り急ぐ桜を惜しむらく、王道の桜あんぱんを。

時は明治。東京の木村屋が、日本人に合ったパンをと5年かけて考案したのが「酒種あんパン」。

明治天皇に献上すべく、季節の桜の花の塩漬けをあしらったのが「桜あんパン」のはじまりだとか。

あんの甘みと桜の塩気がこれ絶妙。

IMG_2692_1.jpg

やや過発酵のきらいがありますが、お見逃しを。。

途中、息子がぐずり出しまして←イイワケ(^^;)

IMG_2699_1.jpg

包む系は、なるべく上のほうの生地を多くしたいものですネ。


こちらの粗品は、主人のご実家へ献上いたしました。
posted by ちい at 23:22| Comment(10) | TrackBack(0) | イースト 菓子パン系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

ベニエ

すっかり離乳食を卒業し幼児食の域にはいった息子。

だんだんと甘い物を美味しそう〜に求め食べるようになってきました。

つい先日、自治体の幼児食講習会に参加し、子どもの食について改めて考える機会がありました。

そこで、ふと思い出したお菓子の初めて物語。

4-green9.gif


お菓子の語源をたどっていくと、

その昔、日本では果実や木の実などを「くだもの」と呼んでいました。

漢字が伝来すると「くだもの」に「菓子」「果子」の字があてられます。

中国では「菓」と「果」は同じ意味。前者は植物を強調しているそうです。

やがて中国から、小麦粉や米粉を油であげた食品が伝わり、唐菓子(からくだもの)と呼ばれるようになります。

食事以外の嗜好品としての位置づけが「くだもの」と同様だったからとか。

茶菓子の発展とともに甘い菓子が作られるようになり、江戸時代には菓子と果物を区別するため果物を「水菓子」と呼ぶようになり、菓子から果物の意味がなくなります。

やがて「水菓子」も水分が多いお菓子(ゼリーとか)を指すことが多くなります。

今では菓子=果物だったことはほとんど知られていませんね。

日本のお菓子の発達は素晴らしく、手軽に甘くておいしい「お菓子」が手に入る現在。

それはとってもありがたいのですが、たまにはこんなことを思い出して、明日のおやつは子どもと一緒に果物でお菓子しようかな。

4-green8.gif


で、今日アップするパンですが、意に反してお砂糖と油たっぷりなものになってます。

なぜって、パン作りに完全に失敗!

オーブン発酵キーを押し間違えて、生地を電子レンジにかけてしまったのです。

途中で気がついたものの、時すでに遅し・・・。

失敗したときの定説は、やはりピザかドーナツへ。

泣く泣く、四角くカットして油で揚げてベニエ風にしました。。

IMG_2656.JPG

堀井和子さんの本によると、ニューオリンズの名物ベニエは、フレンチマーケットドーナッツとも言うそうです。

食パンのつもりで作り始めた生地でしたが、何故か甘い菓子パンに変身〜(笑)

IMG_2655.JPG

そして、こちら主人には、いつもより大変好評なのでした(泣)






posted by ちい at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イースト 菓子パン系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

いちごメロンパン

メロンパンを旬ないちごでアレンジ。

『メロンパン大集合』という中で見つけたレシピです。

ちょっとした手みやげ用に。

のつもりでしたが、見た目がイマイチ・・・・。ショック!

でも、失敗は成功の基ですからね(^^;)

記録のためブログには載せてしまいます。

IMG_2624_1.jpg

レシピには、ビスケット生地はいちごの水分で自然に割れるので、切り込みは入れないようにとあります。

確かに割れたのですが、なかなかレシピ本のように’かっこよく’ヒビ入りはしなかったです。

IMG_2625_1.jpg

フレッシュのいちごをたっぷり使っています。

生地にもつぶして練りこみ。

ビスケット生地にも刻んで。

フルーツを使うと、水分の扱いが難しいですね。

IMG_2629_1.jpg

ジューシーなイチゴ風味がぎゅっとつまったメロンパン。

味は、いちごの甘酸っぱさとメロンパンが合わない訳ないですね〜。

いつかまたリベンジをしたいな。

w-line4.gif


うちの息子のお気に入り絵本。

平山和子さんのシリーズは、どれも絵がステキ。

美しくリアルなのに、やさしいタッチなんです。

本のいちごを親子でパクパクしています^^



posted by ちい at 22:50| Comment(6) | TrackBack(0) | イースト 菓子パン系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

クリックいただけると励みになります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。