2008年05月28日

○○風味のチーズかぼちゃパン

徳永久美子さんのレシピより。

IMG_3027_1.jpg

『パンとお菓子の本』の中で、ひときわ目をひくチーズかぼちゃパン。

初めて作ったのにちょいアレンジ。

生地の鮮やかな黄色は、かぼちゃに非ずです。

IMG_3034_1.jpg

正体は、カレー粉!

こねた後の手が、なかなか匂いが取れなくて苦労しました。

これがほんとのカレイシュウ。

IMG_3032_1.jpg

失礼っ、オヤジっぽさ全開してしまいました。


今回生地にたっぷり入れるかぼちゃなんですが、軽くグリルしています。

形を残した状態でパンに加えるときは、その方がジューシーで甘みもでて好みです♪


ちょっぴりスパイシーなこのパンのイメージは、一足お先に初夏っていうところ。

毎日のように近所の噴水で水遊びしている息子と一緒にいると、すっかりすっかり夏気分です。

w38.gif


ブログ村ランキングへ登録しています。
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

こんなおうちパンあったらいいな〜と思っていただけたら
バナーをクリックいただけると嬉しいです<(_ _)>
更新の励みになります♪


2008年05月21日

焼餅(シャオピン)風ねぎパン

堀井和子さんのレシピを参考にした、焼餅(シャオピン)風ねぎパン。

IMG_2947_1.jpg

北京ではファーストフードのように屋台で売られているという、葱花餅(ツォンホワピン)を思わる姿ですが、生地はふっくらで間違いなくパン。

本来はラードを使うもののようですが、今回バターで代用です。ていうか、家に常備していないす・・・(^^;)

たまには、途中経過などをパチリ。

IMG_2942.JPG IMG_2943.JPG IMG_2944.JPG

広げてごま油を塗った生地に、細ねぎをたっぷり巻き込んでく〜るくる。

2次発酵いらずでフライパンで焼けるので、早く仕上げたい時に餅(ピン)はいいですね。

IMG_2951_1.jpg

あ、「美味しいんぼ」久しぶりに読みたくなってきた・・・。




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

本日のおうちパンを気に入っていただけたら
クリックいただけると幸いです。












2008年05月20日

湯だねで2種のパン(ずんだとレーズン)

湯だねを使って60分でもっちもちパンに!というレシピはどんなものかと初トライ。


生地がもっちり系なら合うかな〜と、ずんだ餡に。

IMG_2975_1.jpg


餡は、枝豆の皮を外してすりつぶしたあと、豆乳と砂糖を加えてまぜまぜ簡単!

少し粒が残るくらいが私は好きです。

IMG_2978_1.jpg


次は、わが家のフィリング定番といえばレーズン。

IMG_2979_1.jpg

一つの生地から2種にしたので、レーズンは混ぜ込みではなく後から巻き巻きです。

IMG_2982_1.jpg

私の作り方がイマイチなのか、今回はちょっとキメの粗い生地になってしまったんですよね〜。

しかも、慣れない作業で手際が悪く、レシピを何度も見ながらだと60分どころでは仕上がらない! 

味は、短時間仕上げにしてはなかなかGOOD。これが湯だね効果かな?

今度は、きちんと前日から湯だねを仕込んで、もっちもちしたいなと思ってしまいました。




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

本日のおうちパンを気に入っていただけたら
クリックいただけると幸いです。

2008年05月13日

かぼちゃのパンムー

以前、白パン+抹茶の時に’パンムー’と名づけて以来、何だかネーミングが気に入ってしまいました。

そんな訳で、今回もやわらか系なのでパンムーにて。

IMG_2894_1.jpg

黄色いのは、かぼちゃから。

旬は秋口のようですが、かぼちゃを生地に使った鮮やかな黄色からは、どうしても春〜初夏をイメージしてしまうワタクシ。

IMG_2897_1.jpg

白パンの配合は、なかなか落ち着かずに色々試しています。

追求すべきは
→1.やわらかさ 2.焼き色をつけない 3.翌日でもふんわり
かな〜。

今回は、e-パン工房さんのものをベースにかぼちゃでアレンジ。

水あめを配合し、ちょっと甘めでふんわり感は抜群でした!




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

本日のおうちパンを気に入っていただけたら
クリックいただけると幸いです。



パンの、いわば’研究’を日々重ねている訳ですが、

世の中にはさまざまな研究をしている方がいるものですね。

例えばこちら「日本ピクトさん学会」ステキな研究です。

ベンチタイムに一笑いかがでしょうか?



2008年04月30日

グリーンベジタブルブレッド

GW(グリーンウィーク)は続きます。

IMG_2923_1.jpg

生地には、’小松菜’をピューレ状にしたものを混ぜて。

成形は、ベーコンをはさみ込んで、捻じりこんにゃくの要領でぐるりと1回転。

IMG_2922_1.jpg

上にフィリングをのせる形で見かけたのですが、、

どうにも具が思いつずベンチタイムが終了(^^;)

色を活かすならと、そのままにしてみました。

IMG_2918_1.jpg

最近、息子がめっきり野菜を食べてくれなくなリ困りもの。

至るところに混ぜては、食べてくれたときにひそかにガッツポーズ。

今回も、こっそりにっこりしてしまいました(^^


4-green9.gif



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

本日のおうちパンをいいかもなどと思っていただけたら
クリックいただけると幸いです。


2008年04月20日

チャイニーズブレッド

IMG_2777_1.jpg


ちょっと珍しく中華風にアレンジ。

肉まんのパン版のようなイメージです。


IMG_2779_1.jpg


具材は、豚ひき肉・筍・ピーマン・ねぎ・ごま等を中華風の味付けで炒めておいたもの。

よく見ると、つぶつぶがちょっとキモイかも(笑

焼成前にごま油を塗って、さらにチャイナ感を。


IMG_2786_1.jpg


育児しながらだと、なかなかまとまった作業時間がとれないので、パン作りは次のようなパターン(または逆)が多いです。

息子がお昼寝の間に捏ね→しばらく室温に置いて冷蔵庫へ→寝静まった夜に作業再開〜焼成。

なので、写真は夜に撮ることになってしまいます。

たまには明るい陽の光が差すショットを載せてみたいなぁ〜。

tea4.gif




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

本日のおうちパンを気に入っていただけたら
クリックいただけると幸いです。


2008年04月16日

サフランコーンパン

昨日の房干しレーズンパン。

生地はコーンパンのレシピで、、、

というからには、やはりコーンパンも作りました。

IMG_2752_1.jpg

こちら仕込水にサフランを使っていて、とても味わい深く風味豊かです。

ドライパセリもちょっと入れました。

IMG_2754_1.jpg


家で使うマグカップ(奥に写ってるやつ)は、イッタラのティーマが定番です。

以前は違ったのですが、これにしてから他のマグの出番が格段に少なくなりました。

無駄のない美しいシルエット。使いやすさ。耐久性。

どこをとってもこれ以上のものはないように思います。

その日の気分で、朝に使うマグの色を選んで(といっても4種類の中から)。

ささやかな贅沢( ^ ^

i11.gif




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

本日のおうちパンを気に入っていただけたら
クリックいただけると幸いです。


2008年04月15日

房干しレーズンバンズ

ごくごく普通レーズンバンズです。

IMG_2759_1.jpg


最近入手した房干しレーズンを使用。

小粒で皮が柔らか目、甘みもやや強いです。

たっぷり入れて、なぜかレーズンブームの息子のお友だち(みな1歳児)に捧ぐ(笑

IMG_2765_1.jpg

レシピは『少しのイースト…』のコーンパンにて。

やはり、お味とびきり。

たまに別レシピをイースト少なめに減らしてゆっくり発酵させるのですが、高橋雅子さんのレシピの方が美味しくできる気がします。

きっと熟考を重ねられた配合なのでしょうね〜。

本棚へ眠っている輩も多いなか、買って良かったなと時間が経つにつれ実感するレシピ本です。




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

本日のおうちパンを気に入っていただけたら
クリックいただけると幸いです。



今年の桜ももう見納め。

桜の開花の段階を一般的には、五分咲きや九分咲きなどと呼びますよね。
実は、葉桜にも一分〜九分葉桜まであるそうです。
そんな愉しみ方もできる日本人の感性を息子には伝えていきたいなぁと。

こんな季節にぴったりの本。
読書の真髄を味わえるザ・ミステリーな一冊。





2008年04月01日

まるぱん

堀井和子さんの本を眺めていたら

「わが家のまるぱん」なるものを作っていきたくなりました。

時間をかけて、何度も焼いて、定番としたくなる配合を求めて。

今回は、ころっとした高さのある丸い形にしたかったので、卵を入れたタイプにしてみました。

IMG_2717_1.jpg


切り紙でつくった桜の花をあしらっています。

この本が手元に届いてから、ちょっとした時間で手軽に作れて、たまにハサミを動かしています。


IMG_2720_1.jpg

シンプルなものほど奥が深いですね。

丸く張らせる加減が難しいように思います。


どこかで、うちのまるぱん大会やってないかしら?

皆さんご自慢のオリジナル配合で、まるぱん見せ合うの。

そんなのあったら面白いですね(笑


2008年03月09日

ツナマヨとキンピラのお惣菜パン

パン教室のレシピにて。

教室での命名は「Lunch bread クロックツナ」。

ランチタイムにぴったりのツナコーンマヨネーズをのせたパンだからだそうです。


ところが「クロック」はフランス語で、カリカリかじるという意味。

カリッとしたホットサンドのクロックムッシュなどに使われる単語のようですが・・・(^^;)


とにかく、「クロックツナ」は、その名に反して全くカリッとはしていません。

むしろふわっとふわっと。

卵が入ってややリーンな配合の生地は、塩気のあるお惣菜系と相性がよく、応用範囲が広いです。

IMG_2535_1.jpg

わが家では「ツナマヨ」と呼んでいるこのパン。

実は、こちら主人からのパンリクエスト栄えあるナンバーワンなんです。

しかし、カロリーを想像するだけで恐ろしいたっぷりマヨネーズ。

せめてもの抵抗感から、ヨーグルトとマスタードを混ぜてマヨを少しでも減量しています。

ぴりっと黒こしょうでパンチを効かせるとさほど酸味が気になりません。


もう1種類つくりました。

IMG_2533_1.jpg

トッピングにきんぴらをアレンジ。

和風味との相性もなかなか。


たまのダンナ様からのパンリクエスト。

これは是が非でもお応えしておかないとです。


小林聡美さんの『マダムだもの』を読んだら、そんな気分になりました。

言葉の節々に、さりげない愛情を感じます。

飾り気のないユーモアセンスは彼女ならではぴかぴか(新しい)





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

クリックいただけると励みになります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。