2008年05月25日

トマトベースのカンパーニュ

IMG_2987_1.jpg

飽くなき欲望に負けて買ってしまいました。高橋雅子さんの本を立て続けで。

カンパーニュだらけのと、主にうちのビスコッティ作る用。

そこは、その〜、そうあれあれ。パンへの情熱ということにさせていただいて。。

鼻息荒くしてちょこちょこ焼いているのですが、写真を撮り損ねていてやっとアップできるものができました。

いきなり王道から外れますがトマトベースのカンパーニュ。

IMG_2992_1.jpg

トマト水煮缶で生地をこねています。

レシピでは、フィリングにグリーンオリーブ・ドライトマトなどを使用していますが、わが家はALL苦手な男子が大小約2名。(私は大好きだけど)

よって、パルミジャーノ・角切りチーズ・イタリアンハーブミックス・枝豆を巻き込んでみました。

IMG_2999_1.jpg

ワインと相性の良さそうなお味。

ガーリックバターでトーストにしたらベリグ〜でした。


i5.gif



最近、言葉が出始めた1歳9ヶ月の息子。

うれしい時は、何でもとにかく「おいちそう〜!」と言っています。

さすが私のDNAね(^^;)




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

本日のおうちパン「美味しそう〜!」なんて思っていただけましたら
応援クリックをよろしくお願いします <(_ _)>




2008年05月14日

ローズマリーのフォカッチャ

IMG_292_1.jpg

高橋雅子さんのレシピにて。

じゃがいもマッシュが丸ごと1コ分入っています。

今まで作ったことのあるフォカッチャは、焼成前にオリーブオイルをぬっていました。

今回は、成形後ぬりぬり→そのままホイロ→焼成前に再度ぬりぬりと、たっぷりしっとり。

IMG_2936_1.jpg

フォカッチャのオリーブオイルは、ためらわずにドバっと塗るのが仕上がりがいいように思います。

じゃがいものほっくりした甘みが加わって、相変わらずいいお味な配合です。

IMG_2937_1.jpg

お見せするのが恥ずかしいほど簡単な朝食フォカッチャサンド。

ベーコンとミックスベジタブルのスクランブルエッグ、きゅうりを挟みました。

それにフルーツで完成。

ところで、きゅうりって栄養がないことで、ギネスブックに認定されているそうですよ。ちょっとびっくりです。




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

本日のおうちパンを気に入っていただけたら
クリックいただけると幸いです。

2008年05月05日

抹茶オレオのソフトベーグル

GW(グリーンウィーク)も終盤です。

抹茶とオレオをベーグルにいれてみました。

どこかで聞いた組み合わせ・・・I'm loving it!



もっちりベーグルは家族に不評なので、ソフトベーグルに配合変えてみました。

そうしたら、表面がシワシワのちょっとカナシイ感じ。

ケトリングの温度が高かったか、発酵過多かな〜??

まだまだ改善の余地がありそうです。

IMG_2964_1.jpg


携帯をリニューアルしました。

すごいですね、今のは。

カメラとかも、うちのウン年前のデジカメの画素数と同じくらいですし、普通にテレビまで見れたりして。

そんな古株カメラ殿でパンの写真撮ってると、デジイチがちょっと欲しくなってきてしまいました。恐るべし物欲。

その前にパンの腕磨こうっと。

i24.gif




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

本日のおうちパンを気に入っていただけたら
クリックいただけると幸いです。

2008年04月25日

ライ麦入り田舎パン

IMG_2798_1.jpg

堀井和子さんの本によく登場する田舎パンです。

成形は大きく丸めてどーん。

仕上げの粉をふったら、クープはすーっと軽く浅めにひいてオーブンへ。

仕上げに使うのは、上新粉もパリッとして好きだけど、今回はコーンフラワーにしました。

すこし香ばしい焼き上がりになります。

こういった気取らない素朴な、でも飽きのこない味が、おうちパンの王道だな〜とじんわり。

そんな訳で、写真もシンプルに。

IMG_2804_1.jpg

ライ麦サンドにするのも好きですが、マーマレードと合わせるのがお気に入り。

まとめて作っては冷凍庫に眠ってます。今あるのは、はっさくとゆず。

堀井さんも文旦マーマーレードをイチオシされてますが、柑橘類の苦味がライ麦の酸味に負けずいい感じに。

マリアージュてやつ(笑

kitchen11.gifkitchen10.gifkitchen9.gif





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

本日のおうちパンに共感などいただけたら
クリックしていただけると嬉しいです。





2008年04月07日

ぶろっこりーのフォカッチャ

IMG_2735_1.jpg

春型のブロッコリーが店頭に並ぶようになりました。

随所で春の息吹が感じられ、心なしかうきうきしてしまいます。

私の場合、近所のショッピングセンターで、リスドォルを扱うようになったからかもしれませんが。

パンの材料は、クオカでたまにまとめて頼むのですが、ちょこっと切らしたときに近場で買っていたのでうれしい限り♪


さて今回は、眺めるばかり主に観賞用のコムシノワ西川シェフ本からいただいたアイディアです。

フォカッチャにブロッコリーを混ぜ込んでいます。

イタリアンにもしばし登場するブロッコリーがフォカッチャに合わないハズはなく。

生地は、強力粉を使わず、リスドオル50%+バイオレット50%の軽い配合です。

焼成前に、岩塩をミルでぎこぎこと仕上げています。

これが味の決め手ですね。

IMG_2727_1.jpg



おまけです。余った生地で、かぼちゃのルーレーに。

IMG_2731_1.jpg

イタリアだかフランスなんだか(^^;)

同じ本に「野菜のルーレー」という数種類の野菜がたっぷり巻き込まれた、それは色鮮やかでステキなルーレーが載っているのですが、、

そこまですると息子が食べないので、かぼちゃのみで巻き巻き。

パルメザンチーズを上にふっています。

いよいよわが家のストックバターも品薄になってきたので、こういったオリーブオイルのレシピが活躍してくれそうです。




にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

本日のおうちパン気に入っていただけたら
クリックいただけると幸いです。


2008年03月13日

セーグル・ノア・レザン

少しのイースト・・・より。

セーグル・フリュイのつもりで作り始めたのですが、自家製オレンジピールが残りわずかだったため、ノア(くるみ)レザン(レーズン)の多い配合となり、このような名前にしました。

フランスでは、粉の全体量に対してライ麦を65%以下にしたものが「パン・ド・セーグル」と呼び…(『パンの事典』より)

パンのなかでも、ハード系はフランス語を使うものが多いですね。

大学時代に、単位を取るのに苦労した第二外国語のフランス語。

こんなところで役にたつとは思ってもいませんでした(^^;)


ライ麦種を前日に仕込み、あらかじめ作っておいたパートフェルメンテ(発酵生地)を使い、さらにオーバーナイト。

数日かけてゆっくりゆっくり仕上げていきました。

生地の前を通りがかってはチェックしてしまったり、不思議と愛着がわいてきます。

きっと自家製酵母を育てている方はこんな気持ちなのかしら?私は未経験なのです。


IMG_2612_1.jpg


レシピには、「オレンジピールとレーズン、くるみと私の大好きなコンビネーションでフリュイをつくりました。」と説明書きがあります。

高橋さん、私も大好きなコンビです!ありがとう^^

IMG_2616_1.jpg

どっしり系なのですが、レーズンフリークの息子が見逃すはずはなく、しっかり食べていました。

先日、息子の1歳半健診に行ってきました。

もう1年半。まだ1年半。

早く成長した姿を見たい気持ちと、今この時期を楽しみたい気持ちと。

一日一日を共に健やかに過ごしていきたいです。

2008年03月11日

ピザ用サフの使用感

わが家では、しばしピザを作ります。

お友達がおうちに遊びに来た時など、お手軽におもてなしっぽいテーブルぴかぴか(新しい)になりますので、冷凍庫に生地が眠っていることも多いです。

大人数で手を伸ばしつつ、わいわい頂くのが美味しいですしね〜。

前の日にこねて冷蔵庫に入れておけば、当日バタバタしないで済むのも利点です。


さてこの度、そんな助っ人ピザ殿のためのドライイーストを購入しました。





今までは、普通のイースト(赤サフ)を使って、どちらかというと頑張って薄〜く丸〜く成形していたんです。

生地がくるっと宙にまうシーンをイメージしては、水分を多くしてみたり、逆に打ち粉をふってみたり。。

そう、まさにこの商品のパッケージのように。

なかなか巨匠のようにはいかず、ちまちま麺棒で伸ばしては、なぜなのかと不思議に思っていたのです。


それが、


このピザ用イーストを使って納得しました。

簡単にするする〜と伸ばすことができたんです。

今までの悩みがうそのようです。

販売員のようにベタなコメントですが(笑)その位びっくりしまして。

わざわざピザのためにイーストを?と購入をためらっていたんですが、にわかピザ職人の気分を味わえたので、それだけでも価値ありかも!?


IMG_2621.JPG



<配合表はこちら>

2008年02月25日

「BAGLE」のベーグル

しばらくベーグルの話ばかりしていたら、案の定、作りたくなってしまいました。

今回は、先日とりあげた阿佐ヶ谷の路地裏パン屋さん『BAGLE』のレシピにて。

お粉的には、強力粉50%中力粉40%ライ麦粉10%とややグルテン少な目の配合。

インスタントドライイーストは0.5%程度と少な目で、発酵は1時間〜1時間30分と長めのじっくりタイプ。

レシピ的には、「少しのイースト・・・」のベーグルと似通っていますね。

特徴的なのは、一個当たりの重量が多いこと。

レシピにある写真も大ぶりなリングで、もこもこしてかわいいです。


では、ぷっくらもっちり。

IMG_2505_1.jpg


ワタクシ個人的には、このレシピがマイベストベーグルぴかぴか(新しい)殿堂入りしそうです。



もう一種類『バラエティーパンの教科書』より、オレオクッキーのベーグル。

生地にオレオとオレンジピールを混ぜ込みです。

ベーグル+オレオの組み合わせ好評っぷりがあちらこちらから聞こえてきまして、作ってみたいな〜と。

オレオって、ごろごろして成形しにくいな・・・

IMG_2499_1.jpg

オレオのパッケージに、〜ビター&スイートのすてきなおいしさ〜とありましたが、まさにその通り。

オレオさんがすてきなベーグルでした。

オレンジピールは、アクセントに。

先日いただきものの国産ネーブルを皮煮ておいたのがタイミングよくありまして、ちょうど使いどき。

IMG_2482_1.jpg

皮ごと使うものですから、手作りだとやっぱり安心安心^^

ヘルシーかつ意外と子どもも好きみたいなので
ベーグルムーブメントはしばらく続くかな。

2008年02月01日

ごまとチーズのベーグル

ベーグルを焼きたいと思ったきっかけに、ある本との出会いがあります。

阿佐ヶ谷の路地裏で姉妹が営む小さなパン屋さんその名も’ベーグル’の本。

レシピもいくつか載っていますが、まるで写真集を見ているかのように、ページをめくるのが楽しい素敵な本。

お店の看板メニューはもちろんベーグル。

見るからにもちもちっとしてそうな大ぶりなリング。

こちらのレシピはまだ試したことがないですが、今度チャレンジしてみたいひとつです。




で、別レシピですが、またベーグルしました。

ごまをたっぷり混ぜこんだ生地にチーズをのせて。

成形は、ころんとした変わり型の三つ輪。

チーズがトッピングしやすいというのもあります。

日本ではリング型がおなじみですが、アメリカではこちらもポピュラーのようです。

IMG_2336.JPG

今回、お粉200gを6分割したので、少し小ぶりな出来となりました。

ベーグルはやっぱり大きく作った方が美味しいかもナ。

*今回参考にしたレシピはこちら*
『ほんのりしあわせ。おうちパン』門間みか
ごまと豆乳のベーグルを、豆乳のかわりに水+スキムミルクにしました。



2008年01月30日

ガーリック・フィセル

先日、みかさんのバケット風をアップしましたが、実は同じ生地でガーリック版も一緒に作っていました^^

IMG_2317.JPG

’フィセル’というのは、フランス語で’ひも’。
その名のとおり、バケットよりさらに細く、パリパリのクラスト(皮)を楽しむタイプのパン。

みかさんのレシピでは、あくまで’風’なので、スチームは入れないとのことでしたが、少しでもパリパリに近づきたくて霧を吹きました。

と思って、調子にのり高温で焼いたら、ちょっと焦げ目が・・・
(皮はカリカリになりました)

IMG_2320.JPG

焼成前にのせたガーリックバターにあらかじめハーブを入れたので、それが焦げを助長した気がします。
やっぱりハーブは仕上げに振る方がいいんですね。(←レシピ通り)

それでも、主人には、このパンの受けがよかったです。
家族の美味しい〜が、おうちパン本来の役目ですからね、よしとしましょう(^^;)

焼成前、焼成中と2度にわたりガーリックバターをたっぷりかけましたので、部屋中にガーリックの香りがぷーんぷーん。
お友達が来る日に作るのは向いていないかも!?
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

クリックいただけると励みになります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。